忍者ブログ
東京都中央区の歴史
[1] [2]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

所在地 中央区築地6-20-11

 明治25年(1892年)、銀座・築地方面と月島との間には「月島の渡し」が開設されましたが、月島側の発展にともない、両地の交通はこれのみではさばけない状態でした。

 明治38年(1905年)、日露戦争の旅順要塞(中国北東部)陥落を契機に、京橋区民の有志が「勝鬨の渡し」と名付けて渡船場を設置し、東京市に寄付しました。当地にある石碑は、この時に建てられた記念碑です。石碑の正面に「かちときのわたし」とあり、側面には「明治38年(1905年)1月京橋區祝捷會挙行之日建之京橋區同士會」と陰刻されています。

 設置された勝鬨の渡しの渡船場は、ここから約150m西の波除稲荷神社の辺りにありました。対岸にある月島側の渡船場は、月島西河岸通九丁目(現在の勝どき1,3丁目の境)の辺りにあって、この間を渡船が運航していました。

 勝鬨の渡しは、住民や月島の工場へ通う人々の重要な交通機関として大いに利用されていました。とくに、月島への労働人口の集中を容易にさせることになり、月島が工業地帯として発展する基となりました。

 大正12年(1923年)の関東大震災後、架橋運動が起こり、船が通過する際に跳ね上がる可動橋が架せられることになりました。勝鬨の渡しは橋の架橋まで運行され、昭和15年(1940年)6月、勝鬨橋の開通とともに廃止されました。

 勝鬨の渡しの名は橋名に受け継がれて今もその名を残しています。 

PR

所在地 中央区築地6-20

 明治7年(1874年)海軍会計学舎が芝山内天神谷に設けられたが、のち幾変遷を経て明治40年(1907年)これが海軍経理学校となった。

 その間明治21年(1888年)校舎は築地に移されたが、その敷地は松平定信邸の浴恩園の跡に当たった。明治時代その付近には海軍の施設が多くその一帯は海軍発祥の地とも称されている。

 校舎はさらに幾度かの移改築を経て、昭和7年(1932年)この西側築地の一角に移築されたが、太平洋戦争中就学人員激増のため品川ほか地方三か所に校舎を増設した。

 戦後の海軍解体に伴い昭和20年(1945年)9月同校は約70年の歴史を閉じた。その間の出身者は数万余をかぞえ輝かしい功績を残したが、戦後もわが国復興の中核となって活躍した。

 戦後30年を機にここにその栄誉と同校の跡を記念してこの碑を建てる。

    昭和51年(1976年)4月

所在地 中央区築地5-2-1(東京都中央卸売市場)

 1954年3月1日、米国が南太平洋のビキニ環礁で行った水爆実験で被爆した第五福竜丸から水揚げされた魚の一部(約2t)が同月16日築地市場に入荷しました。国と東京都の検査が行われ、放射能汚染が判明した魚(サメ、マグロ)などは消費者の手に渡る前に市場内のこの一角に埋められ廃棄されました。

 全国では850席余りの漁船から460t近くの汚染した魚が見つかり、日本中がパニックとなって魚の消費が大きく落ち込みました。築地市場でも「せり」が成立しなくなるなど、市場関係者、漁業関係者も大きな打撃を受けました。

 このような核の被害がふたたび起きないことを願って、全国から10円募金で参加した大勢の子供たちと共に、この歴史的事実を記録するため、ここにプレートを作りました。

 1999年3月1日 マグロ塚を作る会

所在地 中央区築地6-20先

 海幸橋(かいこうばし)は、関東大震災復興事業の一環として、昭和2年(1927年)10月に当時の東京市により架橋されました。

 優美な形をしたこの橋は、ランガー式補剛タイドアーチ橋という構造形式に分類され、我が国初のランガー橋としてこの地に架けられました。また、点対称に配置された照明付きの親柱は、アムステルダム派デザインといわれ、橋梁デザイン史上貴重なものでした。

 このタイプで現存する橋は、江東区の平久運河に架かる白妙橋〔昭和12年(1937年)架橋〕があります。

 皆様に70年有余年親しまれたこの橋も、築地川東支川の埋め立てに伴い、撤去するにいたりました。

 中央区では、親柱を現地に修復保存(塗装色は、架橋当時のもの)し、海幸橋を後世に伝えられることにしました。 

所在地 中央区築地5-2-1(東京都中央卸売市場)

 「水神社(すいじんじゃ)」の歴史は古く、天正18年(1590年)徳川家康公の江戸入府とともに移住してきた日本橋魚市場の開祖・森孫右衛門ら摂津国の佃村・大和田村の漁師たちが、大漁・海上安全と子孫繁栄を祈願して「弥都波能売命(みずはのめのみこと)」を祀った「大市場交易神(おおいちばこうえきしん)」がその始まりといわれています。

 明治34年(1901年)には神田明神の境内に「水神社」本殿が建立され、日本橋魚市場は関東大震災(1923年)以後に築地に移転し、現在地に遥拝所(ようはいじょ)が建立されました。

 以来、築地魚市場の守護神として「水神さま」とお呼びし、魚河岸会の人々の篤い崇敬によって大切に守られています。

 この場所は、江戸時代は松平定信公庭園跡で、明治維新後は海軍用地となり、境内にある「旗山(はたやま)」の碑は、日本海軍発祥の地のゆかりを記す貴重な史跡です。

 尚、毎年2月には神田明神境内の水神社本殿、御参拝が行われています。

 また遥拝所でも1、5、9月の年3回神事が執り行われています。

     魚河岸会 



所在地 中央区築地6-20-37

 (中央区民文化財) 獅子頭・天水鉢

 波除稲荷神社の起立は万治年間(1658~1661)といわれています。当時、築地一帯の埋立てに際し、堤防がたびたび波に崩されて工事が難行していました。ある日、海中に漂う稲荷神の像をみつけ、これを祀ったところ、風も波もおさまり、工事が無事完了したと伝えられています。「波除」という尊称もこの伝説に由来するものです。

 以来、厄除や航海安全の神として、人々に厚く信仰され、祭りでは数多くの獅子頭が町をねりあるき、獅子祭りと呼ばれていました。今でも三年に一度、六月に行われる例大祭では、嘉永元年(1848年)に作られた獅子頭が築地周辺をねりあるき、その伝統を伝えています。

 江戸時代、築地の南側には尾張徳川家の蔵屋敷があり、社殿前の天水鉢は、そこで船から荷物を陸揚げする小揚(こあげ)の人たちから奉納されたもので、獅子頭とともに中央区民文化財に登録されています。

所在地 中央区築地5-2-1(東京都中央卸売市場)

 江戸時代中期の陸奥白河藩主松平定信は老中の職にあって寛政の改革(1787~1793)で幕政の建て直しを行ったが、老後には将軍よりこの地を与えられた。当時この地は江戸湾に臨み風光明媚で林泉の美に富み、浴恩園と名付けて好んだという。

 明治維新以後この地は海軍省用地となり、海軍学校、海軍病院などを設置して著しく園池の風景を変えた。さらに、大正12年(1923年)12月、日本橋にあった魚市場(俗に魚河岸)がこの地に移転して来るに及んで、かつての浴恩園の面影はまったく消滅し、現在は東京都中央卸売市場が設置されている。

所在地 中央区佃1-11 (区立佃公園) 

<中央区平和都市宣言>

いまいちどたちどまり 平和の尊さをみつめよう

ささやかな幸せも こよなき繁栄も

平和の光が消えたなら すべてが失われる

私たちの手にあるこの輝きを

       明日の世代に伝えよう

1988年3月15日、この日私たちは永遠の平和を願い中央区が平和都市であることを宣言する。

所在地 中央区築地7-19 (区立あかつき公園)

 

<太陽のまち中央区宣言>

~福祉と健康とスポーツのまちをめざして~

思いやり 助け合い 心がふれあう 幸せなまち

互いに心と体をきたえ 健やかに いきいき くらすまち

光輝く あの太陽のように 明るく あたたかく たくましく

あすへの希望に満ち満ちた

そんなわがまち 中央区  

1990年4月1日



所在地 中央区日本橋浜町2-59 (区立浜町公園)

 

<花の都中央区宣言>

緑をはぐくみ 花をいつくしみ

生きとし生ける生命を尊ぶ

美しいまち 清潔なまち

思いやりと 人情あふれるまち 中央区

そんなほっとするまちにしたい

だからいま 

花の都中央区宣言

それは ひとつぶの種

小さなひとつぶが

やがてまちいっぱいに

大輪の花を咲かせる

そんな願いをこめて

平成元年(1989年)4月1日



所在地 中央区明石町11 (区立築地川公園)

所在地 中央区築地1-12-1

 明治6年(1873年)、平野富二がここに『長崎新塾出張活版製造所』を興し、後に『株式会社東京築地活版製造所』と改称する。

 日本の印刷文化の源泉となった。

所在地 中央区築地3-15-1 築地本願寺

東京都指定文化財 昭和13年(1938)10月指定

 間新六光風(はざましんろくみつかぜ)(1681~1703)は、播磨国(兵庫県)赤穂藩主浅野長矩(ながのり)の家臣、間喜兵衛光延の次男として生れました。元禄15年(1702年)父および兄の十次郎光興とともに、主君、浅野長矩の殿中刃傷(でんちゅうにんじょう)事件の仇討ちに加わり、翌元禄16年(1703年)2月に麻布の毛利邸で切腹し、姉聟(あねむこ)の中堂又助が当寺に葬りました。他の義士と共に、高輪泉岳寺(港区)にも墓石がありますが、新六のみが当寺に葬られたのは、当寺の檀徒であったのか、あるいは、生前の特志によるものであろうといわれています。

 本願寺築地別院(築地本願寺)には、新六が吉良邸討ち入りののち、泉岳寺に引き揚げる途中、自身の供養を願い、槍に書状と金子を結びつけて、当寺内に投げ入れたという伝承が伝えられています。

 この供養塔は、当初のものが、天保5年(1834年)火災にあって焼失したため、羽佐間宗玄が再建したものです。

 平成15年(2003)3月 中央区教育委員会

所在地 中央区築地3-15-1 築地本願寺

東京都指定旧跡 大正13年(1924)1月指定

 土生玄碩(はぶげんせき)は、江戸時代後期の眼科医で宝暦12年(1762年)安芸国吉田(広島県高田郡吉田町)で生れた。名を義寿といい、桑翁(そうおう)と号した。文化7年(1810年)奥医師を拝命し、文化13年法眼に叙せられ、文政5年(1822年)には12代将軍徳川家慶(いえよし)の眼疾を治療した。文政12年シーボルトから眼病治療法を教授された謝礼に、将軍拝領の紋服を贈ったことで、シーボルト事件に連座、改易となり、江戸を追放された。嘉永元年(1848年)8月17日、87歳で死去し、土生家の菩提寺である築地本願寺中眞龍寺に葬られたが、昭和3年(1928年)12月区画整理のため改葬された。墓標には『桑翁土生君之墓』とある。

 著書には、『銀海波抄(ぎんかいはしょう)』『師談録(しだんろく)』『獺祭録(だっさいろく)』などがある。

 平成11年(1999)3月31日 東京都教育委員会

所在地 中央区築地3-15-1 築地本願寺

 この供養塔は文久元年(1861年)森孫右衛門の200年忌に、子孫の森幸右衛門勝鎮と親族の佃宇右衛門寛敏の両名により建てられています。

 森孫右衛門は江戸時代以来、隅田川河口に佃島を築き、日本橋魚河岸のもととなる店を開いた人物とも伝えられています。

 供養塔の右側面の銘文には、孫右衛門は摂津国(大阪府)佃村の人で、二代将軍徳川秀忠の時、漁猟の許可状及び33人の漁師の漁業権を拝領したことなど、佃島の漁師と徳川家との関わりが書かれています。

 また左側面には、嘉永年間(1624~1644)に百歩四方の土地を賜り、島を築き、正保元年(1644年)2月に築城し、佃島と名付け、豊島郡に属した佃島の成り立ちや代々、佃島の名主を務めたことなどが刻まれています。これらは佃島の造営を語り伝える貴重な資料といえます。

 平成10年(1998)3月 中央区教育委員会

所在地 中央区築地3-15-1 築地本願寺

東京都指定文化財 昭和4年(1929)5月

 酒井抱一(さかいほういつ)(1762~1828)は播磨国(兵庫県)姫路藩主酒井忠仰(ただもち)の次男として江戸に生まれ育ちました。寛政9年(1797年)、江戸下向中の京都西本願寺文如(もんにょ)上人の弟子として出家し、等覚院文詮暉真と称し、抱一と号しました。

 画筆に秀で、茶道・俳諧・狂歌等にも長じ、文人墨客とも交わりを深めた風雅の人でした。画技は狩野・土佐・円山等の諸派や浮世絵に通じていました。尾形光琳の画風に傾倒し、文化12年(1815)光琳の100回忌を営み、『光琳百図』などを出版しました。また、その画技をおさめて、『四季花鳥図屏風』『夏秋草図屏風』などを残しています。

 門人には鈴木其一(きいつ)、池田孤村(こそん)、田中抱二(ほうじ)などがおり、抱一は京都の華麗な装飾画法である琳派(りんぱ)を江戸の地にふさわしい粋で瀟洒(しょうしゃ)な江戸琳派として完成させました。文政11年(1828年)11月根岸(台東区)の雨華庵で没し、翌月築地本願寺に葬られました。

 平成10年(1998)3月 中央区教育委員会

所在地 中央区築地3-15-1 築地本願寺

おおいなる
  もののちからに
    ひかれゆく
  わがあしあとの  
    おぼつかなしや 

                        九条武子

所在地 中央区築地3-15-1

 宗派    浄土真宗本願寺派

 寺号    本願寺築地別院(通称築地本願寺)



型破りな宗主・大谷光瑞と、のちに日本建築界の父と称される伊東忠太。二人の出会いが古代インド仏教様式の大寺院を生んだ。築地本願寺である。ビルの林立する都会で門戸を広げるこの寺には、早朝から多くの門徒が訪れている。

みどころ

 築地本願寺は正式名を本願寺築地別院といい、浄土真宗本願寺派の関東における拠点である。
ビルに囲まれた境内に、日本の寺院としては異色の古代インド仏教様式の本堂が構える。緑青色の半円形の屋根をもち、左右にはインドの仏塔を思わせるような塔が立つ石造りのお堂だ。大正12(1923)年の関東大震災で江戸時代の本堂が焼失。昭和9(1934)年に、西本願寺第22世宗主・大谷光瑞と建築家の伊東忠太によって建てられた。二人の出会いが生み出した稀有な建築物である。
 築地本願寺のある地はもともと海だった。江戸時代、寺を建てるために埋め立てられたのだ。埋め立てには真宗門徒だった佃島の漁師が協力。本堂の賽銭箱は佃島の門徒が寄進したもので、寺との縁を物語る。
 また、寺のそばには東京の食を支える築地市場がある。かつては日本橋にあったが関東大震災で倒壊。昭和10(1935)年築地に移された。さらに新しい市場の門前には場外市場がつくられた。そこはかつて築地本願寺の寺内町だった場所であり、いまも店の間に寺や墓所が点在している。

本堂

 独創的な本堂は、大谷光瑞と伊東忠太の共作ともいえる建築である。本堂を設計した伊東忠太は、明治神宮や靖国神社遊就館を手がけた稀代の建築家。彼は若いころ、法隆寺の建築の起源に興味をもち、アジアや中東、ヨーロッパを放浪していた。
 いっぽう、大谷光瑞は西本願寺の第22世宗主。彼は仏教の起源を探るべく、中央アジアやインドに学術探検隊を派遣していた。自ら参加することもあったという型破りな宗主だった。その探検隊の一行と伊東が出会い、やがて大谷と伊東は交流を深めていく。そしてうまれたのが築地本願寺の本堂なのである。
 広々とした道内は畳敷きではなく椅子が並ぶ。「日本人は正座から椅子に座る生活に変わる」と考えた大谷の発案だという。天井にシャンデリアが下がり、出入口の上部には教会のようにパイプオルガンが置かれている。まるで洋館のようだが、内陣は桃山時代の様式が取り入れられ、阿弥陀如来像を安置。欄間には富山県井波の職人による華麗な彫刻が施されている。さまざまな様式が融合した異空間だ。また堂内の随所には現実とも空想ともつかない動物の彫刻が見られる。伊藤が創造したものであり、中国やインドで知った仏教観が強く反映されているという。
 再建当初はその異形から門徒の反発もあったが、現在では都心のなかで強い存在感を放っている。

歴史

 元和3(1617)年、江戸の横山町(中央区日本橋横山町)に本願寺が建立された。浅草橋に近いため「江戸浅草御坊」と呼ばれた。その御坊は明暦3(1657)年の大火で焼失。「振袖火事」の撫で知られるこの火事は、江戸城本丸をはじめ江戸全土を焼きつくし、10万人以上の死者をだしたという。被災後、幕府は復興とともに町の区画整理を行い、御坊には八丁堀の海上が与えられた。そこを埋め立てて建てられたのが築地御坊、現在の築地本願寺である。築地の地名は、新たに築いた土地という意味をもつ。
 御坊再建には佃島(中央区佃)の漁師が尽力した。彼らは、徳川家康が江戸に入府するときに摂津(大阪府西部と兵庫県成区)から連れてこられたという。家康は江戸に集まる武士の食糧を確保するため、高い漁業技術をもつ漁師たちを呼び寄せたのだ。彼らのほとんどが摂津にいたころから本願寺の門徒であった。ちなみに、江戸に最初の魚河岸をつくったのも佃島の漁師だという。彼らは獲った魚類を幕府に献上し、余った魚を幕府の許しを得て日本橋のたもとで売っていた。そのうち魚市場が立つようになり、魚河岸へと発展したのだ。
 門徒に支えられて明暦の大火をはじめとし計7回も本堂を失った築地本願寺だったが、大正12(1923)年の関東大震災で再び焼失。昭和に入って当時の西本願寺の宗主・大谷光瑞と建築家・伊東忠太が古代インド仏教様式を取り入れた本堂を建立した。日本橋にあった魚河岸も移転し、築地の街は賑わいを見せていく。現在、築地には情報産業や医療などの先端技術も集積する。寺はその中心で多くの参拝者を受け入れている。

所在地 中央区築地1-10

 蘭方医桂川家は、初代甫築(ほちく)(1661~1747)が六代将軍徳川家宣に仕えて以来、代々幕府の奥医師をつとめ、多くが法眼(ほうげん)の叙せられています。

 この地域には、甫築が正徳元年(1711年)に拝領して以降、幕末まで桂川家の屋敷がありました。

 四代甫周(1751~1809)は、名を国瑞(くにあきら)といい、桂川家歴代のなかでも特に広く知られています。杉田玄白や前野良沢らに蘭学を学び、若くして『解体新書』の翻訳事業に参加しました。また、寛政6年(1794年)には幕府医学館教授となるなど、幕府にも重んじられていました。

 西洋事情にも造詣が深く、安永元年(1772年)からは、江戸に参府したオランダ商館長一行と毎回対談するなど、その海外知識を大いに広めました。また、ロシア使節ラクスマンが送還してきた漂民大黒屋光太夫(だいこくやこうだゆう)らを尋問し、『漂民御覧之記(ひょうみんごらんのき)』や『北槎聞略(ほくさぶんりゃく)』などを著しています。この他にも、多くの翻訳・著作があり、江戸蘭学の興隆に大きく寄与しました。

所在地 中央区築地2-11 築地NTTビル

 大正13年(1924年)、歌舞伎の伝統から離れた写実的演劇を目指す小山内薫、土方与志らにより建てられた近代演劇史上記念すべき劇場。

 翻訳劇や創作劇を上演し、愛好者に感動を与えた。

 

『 碑文  里見弴 筆 

   大正末から昭和にかけ、新劇の本據として

      大いにその發展に寄與した。戦災で焼失。 』

所在地 中央区築地7-3-10

 明治21年(1888年)我国工業の黎明期に當り、この地に工手学校が創設された。爾来、工業界の各分野に有能な技術者を送った数は実に三萬を越え、その發展に多大の貢献を致した事は周知である。

 関東大震災(1923年)の後、昭和3年(1928年)出身者の熱意と努力により新宿に宏壮な校舎が建設され校名も工学院と改められ、辞世の進運に即して終始發展充実を続けて来た。更に昭和24年(1949年)に至り、学園に工学院大学が設立され最高の工業教育機関として工業報国の伝統精神を發揚しつつある。

 近く創立70周年を迎えんとし先輩の遺徳を偲び後進の發奮を促すため有志相図り学園發祥の地に記念碑を建てる。

所在地 中央区築地7-2

 フィリップ・フランツ・フォン・シーボルト(1796~1866)は、オランダの商館医院として文政6年(1823年)7月、長崎に到着し、診療の傍ら長崎の鳴滝に塾を開くなどして活躍した。

 文政9年(1826年)正月、商館長と共に江戸へ向かい、文政9年(1826年)3月4日、日本橋の長崎屋に止宿し、文政9年(1826年)4月12日出発するまでの間、江戸の蘭学者に面接指導し大きな影響を与えた。しかし、文政11年(1828年)9月シーボルト事件が発生し、文政11年(1828年)12月に日本から追放された。後に安政6年(1859年)幕府顧問として再来日したが、まもなく帰国しミュンヘンで没した。

 彼の江戸における指導は、江戸蘭学発展のために貢献するところが大きかった。この地が江戸蘭学発祥の地であり、且つ彼が長崎でもうけた娘いねが築地に産院を開業したこともあり、また明治初期から中期にかけてこの一帯に外国人居留地が設けられていたことから、ここに彼の胸像を建て、日本への理解と日蘭の橋渡し役としての功績に報いるものである。

所在地 中央区築地1-2 中央区新富2-7 

橋下 首都高速道路

架橋年月 昭和44年(1969年)11月

橋長 35.5m



忍者ブログ [PR]
カウンター
現在の閲覧者数
サイト内検索
アクセス解析
プロフィール
HN:
歴史を未来に伝える。
HP:
性別:
男性