忍者ブログ
東京都中央区の歴史
[131] [132] [133] [134] [135] [136] [137] [138] [139] [140] [141]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

所在地 中央区銀座6-6-7先 朝日ビル前

京橋の 瀧山町の 新聞社
  灯ともる頃の いそがしさかな 
啄木

 石川啄木が朝日新聞社に勤務したのは、明治42年(1909年)3月から明治45年(1912年)4月13日、27歳でこの世を去るまでの約3年間である。この間彼は佐藤真一編集長をはじめとする朝日の上司や同僚の厚意と恩情にまもられて、歌集『一還の砂』、『悲しき玩具』、詩集『呼子と口笛』など多くの名作を残し、庶民の生活の哀歓を歌うとともに時代閉塞の現状を批判した。
 
銀座の人びとが啄木没後60年を記念して朝日新聞社跡に歌碑を建立したのはこの由緒によるものである。
  
昭和48年(1973年)4月1日
    
日本大学教授 文学博士 岩城之徳

PR

コメント


コメントフォーム
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
  Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字


トラックバック
この記事にトラックバックする:


忍者ブログ [PR]
カウンター
現在の閲覧者数
サイト内検索
アクセス解析
プロフィール
HN:
歴史を未来に伝える。
HP:
性別:
男性