忍者ブログ
東京都中央区の歴史
[160] [161] [162] [163] [164] [165] [166] [167] [168] [169] [170]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

所在地 中央区銀座4-1-2 数寄屋橋公園

 

 『銀恋の碑』

  銀座の恋の物語  《作詞:大高ひさを 作曲:鏑木創》

 心の底までしびれる様な

 吐息が切ない囁きだから

 泪がおもわず湧いてきて

 泣きたくなるのさ この俺も

 東京で一つ 銀座で一つ

 若い二人が 始めて逢った

 真実(ほんと)の 恋の 物語り

 

 『銀座の象徴 柳並木』

 銀座の柳は明治10年(1877年)頃銀座に植えられ銀座の象徴とされたが三度の変遷を経て昭和43年(1968年)銀座通りの改修と共に姿を消した。

 このたび西銀座通りが東京都のシンボルロードとして歩道拡張と共に御影石舗装を施し面目一新されたことを機に並木を柳に代え銀座の象徴復活を果たした。

 西銀座連合会はこの柳が末長く人々に愛され親しまれ続けることを願いここ数寄屋橋公園に碑を建立する。

 平成11年(1999年)11月 西銀座通会会長 柳澤政一

 

PR

コメント


コメントフォーム
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
  Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字


トラックバック
この記事にトラックバックする:


忍者ブログ [PR]
カウンター
現在の閲覧者数
サイト内検索
アクセス解析
プロフィール
HN:
歴史を未来に伝える。
HP:
性別:
男性