忍者ブログ
東京都中央区の歴史
[171] [172] [173] [174] [175] [176] [177] [178] [179] [180] [181]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。



所在地 中央区銀座3-5-16 『グリルスイス』

 昭和23年(1948)、常連の巨人軍の千葉茂さんに、東京・銀座の洋食店グリルスイス店主・庄子静子に、「カレーライスにトンカツをのせてくれ」と頼まれて作ったのが、カツカレーのはじまりです。
 千葉の考案したカツカレーの味を守り続けたい、と語る庄子静子に千葉茂は「伝統は守るもの、歴史はつくるもの。」と話したとのこと。

 

  千葉茂(ちば しげる)
 昭和8年(1933)、松山商業高校に入学、春夏合わせて4度、甲子園に出場した。昭和13年(1938)、巨人に入団。右翼打ちの名人と呼ばれ、一塁を見ずに送球する守備ではファンをうならせた。名二塁手として川上哲治氏や青田昇氏らとともに巨人の第二期黄金時代を築いたスター選手だった。
 昭和31年(1956)の現役引退まで1,512試合に出場。1,605安打、96本塁打、691打点、155盗塁、打率2割8分4厘。昭和33年(1958)に巨人の二軍監督となり、新人の長嶋茂雄選手に背番号3を譲った。
 昭和34年(1959)から近鉄の指揮を執り、近鉄は千葉氏のニックネーム「猛牛」をとって、チーム名称を近鉄パールスから近鉄バファロー(後に近鉄バファローズ)に変更。昭和37年(1962)から野球評論家として活躍し、昭和55年(1980)に野球殿堂入りした。

PR

コメント


コメントフォーム
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
  Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字


トラックバック
この記事にトラックバックする:


忍者ブログ [PR]
カウンター
現在の閲覧者数
サイト内検索
アクセス解析
プロフィール
HN:
歴史を未来に伝える。
HP:
性別:
男性