忍者ブログ
東京都中央区の歴史
[6] [7] [8] [9] [10] [11] [12] [13] [14] [15] [16]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

所在地 東京都中央区勝どき4-12-9(東陽院)

 (中央区民文化財)

 十返舎一九は本姓を重田といい、明和2年(1765年)駿河(静岡市)に生まれた。その後、江戸に出て、日本橋の出版業者、蔦屋重三郎付の作家となり、多くの黄表紙・洒落本を書いた。なかでも「東海道中膝栗毛」はよく知られ、主人公の栃面屋弥次郎兵衛と喜多八が日本橋から東海道を旅し、伊勢参宮の後、京都へたどりつくという旅行記の形式をとる物語であり、続編に続編を重ね、十返舎一九の代表作となった。

 天保2年(1832年)に没し、浅草永住町の東陽院に葬られた。関東大震災後、当地に移転し、墓も移された。

 墓石には次の辞世が刻んである。

此世をば  どりやお暇に  線香の  煙と共に  はい左様なら

 墓は、区の歴史や文化に関わりのの深いものとして、中央区民文化財に登録されている。
 

PR

コメント


コメントフォーム
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
  Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字


トラックバック
この記事にトラックバックする:


忍者ブログ [PR]
カウンター
現在の閲覧者数
サイト内検索
アクセス解析
プロフィール
HN:
歴史を未来に伝える。
HP:
性別:
男性