忍者ブログ
東京都中央区の歴史
[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

所在地 東京都中央区日本橋3-7

 (中央区民文化財)

 秤座は、江戸幕府の認可を受けて、全国の秤の量目の統一を図るため、秤の製造、検査、販売等の権利を独占した御用商人の事業所です。江戸と京都の2か所に置かれ、江戸の秤座は守随(しゅずい)家が東国33か国を管轄しました。

 守随家は、もと甲斐の武田家に仕えた秤士で、のちに徳川家康に仕え、江戸開府と共に江戸に出て、徳川家領であった関八州の秤の責任者に任命されました。承応2年(1653年)に幕府が公式に秤座を定め、事業所は初め、京橋具足町(京橋3丁目)に置かれましたが、その後各地を移転し、天保13年(1842年)、日本橋箔屋町の現在地に移転しました。

 明治8年(1875年)、明治政府の度量衡取条例の施行によって、秤座は廃止されました。

 江戸時代の度量衡に関する重要な史跡として、中央区民文化財に登録されています。

PR

コメント


コメントフォーム
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
  Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字


トラックバック
この記事にトラックバックする:


忍者ブログ [PR]
カウンター
現在の閲覧者数
サイト内検索
アクセス解析
プロフィール
HN:
歴史を未来に伝える。
HP:
性別:
男性