忍者ブログ
東京都中央区の歴史
[70] [71] [72] [73] [74] [75] [76] [77] [78] [79] [80]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

所在地 中央区八重洲・中央区日本橋本石町

 一石橋は寛永年間(1624~1647)またはそれ以前から存在した橋である。下の写真に見られる一石橋の姿は、大正11年(1922年)に架け替えられた当時の姿で、アーチ部分の石積み、重厚な意志の高欄や親柱、証明などの細部に至るまでデザインの施された橋であり、当時の時代を感じさせる西洋的でモダンな印象をかもし出している。

 一石橋の上流半分は、昭和48年(1973年)にスチール製の桁橋に架け替えられ、平成11年(1999年)には下流側半分についても架け替え麹が行われて今日に至っている。大正時代当時の一石橋の姿を残しているのは上流側の大きい親柱と小さい親柱(当時の袖柱)のみとなり、残りの施設については、平成11年(1999年)の下流側架け替え工事に伴い、当時の姿と印象を残し継承する意味で新たに作り替えられている。

 

PR

コメント


コメントフォーム
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
  Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字


トラックバック
この記事にトラックバックする:


忍者ブログ [PR]
カウンター
現在の閲覧者数
サイト内検索
アクセス解析
プロフィール
HN:
歴史を未来に伝える。
HP:
性別:
男性