忍者ブログ
東京都中央区の歴史
[240] [241] [242] [243] [244] [246] [247] [248] [249] [250] [251]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

所在地 東京都中央区銀座5-9-19 (銀座あづま通り)

 ご祭神 倉稲魂命

 戦後メインストリートとして発展した あづま通り・三原小路に火災が続発し町内の者も不思議に思い調査の結果 この一角にお稲荷さんが祀られていたことが判明 そこで町内一同相談の上 京都伏見稲荷講中をつくり あづま稲荷大明神と命名 京都伏見稲荷大社にお参りし御霊を頂き 氏神様 山王日枝神社に御祈祷をを願い三原小路の方々の格別の御芳志により現在地に鎮座し盛大にお祀りを致しましたところ以後全く火事にあわず 霊験あらかたに今日に至っております

 年一回 初午の日に大祭を斉行し街の発展と火防・盗難守護の祈願いたしております。
   
あづま稲荷神社

 
 <あづま稲荷奉納者名>
今井家 龍善堂 若松 大和屋 丸江藤屋 松坂屋銀座店 京や ギンザコア連合会 三松 新富鮨 新松 清月堂 世きね

戦後、この辺りで火災が相次いだことがあり、調べた結果かつてこの一角にお稲荷さんが祀られていたことが判明。そこで京都伏見稲荷講中を作り、あづま稲荷大明神と命名し、勧請したところ、以後全く火災にあわなくなり、今日に至る。

PR

コメント


コメントフォーム
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
  Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字


忍者ブログ [PR]
カウンター
現在の閲覧者数
サイト内検索
アクセス解析
プロフィール
HN:
歴史を未来に伝える。
HP:
性別:
男性