忍者ブログ
東京都中央区の歴史
[222] [224] [225] [226] [227] [228] [229] [230] [231] [232] [233]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

所在地 中央区日本橋小網町16(京都吉忠株式会社)

 人形町から日本橋に通じる道に、親父橋と呼ぶ橋が架かっていました。

 この周辺の芳町には、江戸の頃から口入宿が軒をつらねるようにありました。

 以前は職業安定所、いまのハローワークには大勢の人が集まり、就職(奉公)先を選ぶ姿が、各々の店で見られたのが早朝の風景でした。江戸はもちろん近隣から集まってきて、生業に付きたい雇われを望む人、つまり職を求める人の希望を、次から次と帖面に書きとめる貼付けの役は、えんまと呼ばれている番頭でした。午前7時頃になると、一同に集まった広場で貼付けのえんまが、何処の何屋または何商売の飯炊き、あるいは出前持ちはどうか、と云うように職を斡旋するのが口入宿(くちいれやど)でした。

 明治になって早々から人形町通りが確立し、各店が並び繁昌したのは、江戸時代からここ一ヶ所に在った口入宿街に、毎日のように大勢の人が集まってきたのも、人形町繁栄の一助であったはずです。

            横丁の郷土史家  有田芳男

PR

コメント
無題
はじめてお便りします。
吉忠以前には、東洋紡株式会社があったように思います。ハローワークから、東洋紡、吉忠までの変遷がもしわかればご教授ください。
また、地権者の違うところが少しあるようです。ハローワーク以外に何かそばに建っていたのでしょうか・・・?
難しいお便りで申し訳ございません。わかればで結構です。
【2009/08/27 09:54】 NAME[あけぼの草] WEBLINK[] EDIT[]


コメントフォーム
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
  Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字


トラックバック
この記事にトラックバックする:


忍者ブログ [PR]
カウンター
現在の閲覧者数
サイト内検索
アクセス解析
プロフィール
HN:
歴史を未来に伝える。
HP:
性別:
男性