忍者ブログ
東京都中央区の歴史
[91] [92] [93] [94] [95] [96] [97] [98] [100] [101] [102]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

所在地 中央区京橋1-9

  安藤広重住居跡(歌川広重住居跡・安藤鉄蔵住居跡)
 浮世絵師安藤広重(歌川広重・安藤鉄蔵)(1797~1858)が、嘉永2年(1849年)から死ぬまでのおよそ10年間を過ごした住居跡です。
 
広重は、幕府の定火消同心安藤源右衛門の長男として、八重洲河岸(千代田区丸の内2丁目)に生まれ、家職のかたわらで歌川豊広の門人となりました。「東海道五十三次」以来、風景画家として著名になり、江戸についても、「東都名所」、「江戸近郊八景之図」、「名所江戸百景」等を遺しています。特に、「名所江戸百景」はこの地での代表作です。
 
住居は、幕府の奥絵師(御用絵師)狩野四家のうち、中橋狩野屋敷の裏門外にあり、二階建ての独立家屋であったといいます。

PR

コメント


コメントフォーム
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
  Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字


忍者ブログ [PR]
カウンター
現在の閲覧者数
サイト内検索
アクセス解析
プロフィール
HN:
歴史を未来に伝える。
HP:
性別:
男性